【女性にオススメ】元気になれる海外ドラマを集めてみた!【楽しく生きたい】

Jill WellingtonによるPixabayからの画像

私が元気をもらえた海外ドラマはコレだー!

リアルに誰かと会って話す時間が取れなくっても、私がリフレッシュすることができた大好きな5作品をご紹介しますね。

 

パー子
パー子

結局はありきたりな毎日を変えるのは自分しかいない!成功も失敗も一歩踏み出さないと始まらない!と励みになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「私はラブ・リーガル」

 

 

一時期取り憑かれたように観ていた「私はラブ・リーガル」は現在もhuluで全シーズン配信中(字幕・吹替)です。

 

トップモデルを目指す女性デビーが事故死。
そのデビーの魂が同時刻に亡くなった地味な弁護士ジェーンの中に入っちゃった!

見た目にこだわって生きていたデビーは大パニック。

本来なら不運で泣けちゃう設定ながらも、とっても明るく元気よく(笑)仕事に恋に生きていく様子がただただパワフル!
やっぱり性格とか人柄の大切さを感じるドラマでしたね。

全てを知る親友を演じたエイプリル・ボウルビーが超絶魅力的キャラだったのが、私がこのドラマを観続けらえた一番の理由かも。

美人さんだけどチャーミングでおバカで弾けてて、そして人を思う気持ちもある。
グングンと引っ張っていってくれる……あるいは振り回されちゃうかもしれないけど、彼女の目まぐるしい表情の変化は眺めてるだけでワクワクしちゃうほどでした。

所々でファンタジーかよ!と突っ込みたくなるような不思議設定も登場。
ラストはとんでもない着地をした記憶があるけど、全体通してサクサクと観進められるお手軽ドラマだったはず。

 

 

「アグリー・ベティ」

「アグリー・ベティ」もhuluで全話視聴したシリーズ。
※現在は配信されていないようです

なんとあのサルマ・ハエックが製作総指揮のひとりだそう……私知らなかったわ。

先程の「私はラブ・リーガル」同様、主人公は地味な女性なんですが、なんせキャラがイイ!
ダサカワ女子だけど頭も良くってよく気がつくし、何気に根気強く負けず嫌い。
職場で刺激を受け自分磨きもして段々とオシャレに。

出版業界という煌びやかな世界に憧れ一生懸命仕事をこなす姿はもちろん、華やかでカラフルPOPなインテリアや小物、ファッションが独特で他の作品とはまた違った魅力。

最初は「田舎者」と馬鹿にされていたベティも、くじけない強さと優しさで仲間を増やしていきます。

ただでさえ日々の仕事や人間関係に家族のこととテンテコマイ。

大変そうだけどコミカルに描かれていてテンポも良し!

彼女の周りのキャラクター達も個性派揃いで愛嬌たっぷり。
意地悪してくるライバル達も根っからの悪人はおらずどこか憎めない人ばかり。

 

☑ベティの同僚、受付嬢のアマンダ(ベッキー・ニュートン)とアシスタントのマーク(マイケル・ユーリー)はプライベートでも仲良しらしい!?


☑編集長の座を狙うウィルミナ(ヴァネッサ・ウィリアムス)とマークのコンビも好き♡

 

最終話は本当にさびしくってたまらなかった記憶。
今こうやって当時を思い出してたら、また観たくなっちゃう(涙)

huluに帰って来てくれないかなぁ~。

 

キャラクター相関図は下記サイトで
↓  ↓  ↓

アグリー・ベティ シーズン1 コンパクト BOX 【DVD】
ハピネット・オンライン
¥ 4,085(2022/05/23 18:39時点)

 

 

「Younger/ライザのサバヨミ大作戦」

© 2016 Viacom Media Networks. All Rights Reserved

 

 

評判が良いことは知ってたけど、やっとこさ最近観たシリーズ。
シーズン1~6までhuluで配信中(字幕・吹替)!シーズン7がファイナル

邦題の安臭さは置いといて、とにかく面白くってコンパクト!
これに尽きます。

長くかじりついて観ているのが辛い忙しい人にもピッタリの各話30分切り。

なのに胸を締め付けられるような場面もあり~の、若き日を思い出し~の、共感ポイントも沢山。

これはマジでオススメです。

 

作品の詳細や感想は下記リンクでどうぞ!

↓    ↓    ↓

 

 

「NYガールズ・ダイアリー 大胆不敵な私たち」

 

この投稿をInstagramで見る

 

The Bold Type(@theboldtypetv)がシェアした投稿

 

こちらもhuluで全シーズン(字幕・吹替)配信中
U-NEXTでもシーズン3まで配信されているようです。

以前にもオススメのhuluプレミアのドラマのひとつとして紹介したんですが、やっぱりここでも外せませんねっ!

 

 

こちらも「アグリー・ベティ」「ライザのサバヨミ大作戦」と同じく出版業界が舞台。
それぞれの夢を持って働く若い三人の女性がメイン。

ただの色恋や昇進昇格、友情といったありきたりなネタでこねくり回されるものではなく、結構現代のリアルをぶっこんで来ているなぁ~という印象でした。

仕事に恋に……とごくごく普通に生きている中でぶち当たる、自身の病気や家族との問題、自分を縛り付けるトラウマに価値観のズレや別れ。

一見華やかな世界で友達とワチャワチャしながら明るく生きてるんだぞ~ってスタートするけど、観ているのがシンドクなるような避けたい話題や自身とダブッてしまったり、古傷をめくるようなところまで入って来ることも。

それに常に放っておけばハッピーな方にばかり転ぶのではなく、沢山の選択や決断を自身で下しひとつひとつを乗り越えて行くドラマ。
キャラクターに共感できたり、時にその人の考えに疑問を持ったり、嫌いにもなったり(笑)と、ドラマだけどリアルな人間関係で味わうような感覚になることが多いシリーズでした。

「私だったらこうするなぁ。」「私はこの場合どっちを選ぶだろう。」って、自分に置き換えちゃう感じ。

まさに苦楽を共にする友達を見つけた三人が単純に羨ましいけど、こんな大変な業界で責任を背負って生きる彼女達に沢山元気をもらったのでオススメです。

 

「Major Crimes ~重大犯罪課」

(C)2014 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

 

 

以前はhuluでも配信されていた記憶なんですが、今は残念ながら見当たらず……
現在はU-NEXTで全シーズン配信されているようです。

あの人気シリーズ「クローザー」のスピンオフであり、その後が描かれているシリーズです。

「クローザー」にも登場したシャロン・レイダー警部(メアリー・マクドネル)がロス市警の重大犯罪課で指揮をとり、司法取引で難事件を解決していくクライム・サスペンス。

ちょっと真面目でお堅いイメージが強かった「クローザー」でのシャロンですが、こちらのシリーズは若干キャラ変したのか比較的柔軟で寛大な面も。

とにかく全体を包み込むような「母」感がたまらず安心して観ていられるドラマでした。
正直本家「クローザー」よりも好きで毎話楽しみでたまらなかったんです。
特にイケメンキャラが出て来るとか、体を張ってガンガン犯人を捕まえるとかないんですが(笑)

チームがなんせ高齢者ばかりで(笑)コメディではないんだけどベテランの方々の掛け合いや自虐ネタとか、高齢者だからこその落ち着きとかが私的に居心地良くって。

こんな大人達と一緒にいられたらいいなぁ~って、自分もいい年になってるにも関わらず思えてしまう、そんなメンバーです。

最初は頑固なおじいちゃん達に苦戦したシャロンですが、仕事をしていくうちに絆もできて、良いチームワークになっていきます。

次々起こる事件もとんでもなく辛い事件やグロテスク描写もなく比較的ライト。

シャロンの取り調べも至って落ち着いていて冷静。
だけどしっかり詰めていく感じに私が犯人だったらすぐにホロッといってしまいそう。

後半まさかまさかの展開もあるんですが、心地良い愉快な仲間達の仕事っぷりに癒されてくださいね。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました