スポンサーリンク

【読書感想文】綿矢りさ「亜美ちゃんは美人」は女性ならではの共感ポイントがたくさん!

綿矢りさ「亜美ちゃんは美人」はどんな話し?面白いのかつまらないのか?どこで読める?

 

 

この記事では綿矢りさ「かわいそうだね?」に収録されていた、「亜美ちゃんは美人」を読んでの感想をまとめています。

 

想像しやすい描写や共感ポイントが多く、表題の「かわいそうだね?」よりも気に入っていたお話しです。

 

 

かわいそうだね? (文春文庫) [ 綿矢 りさ ]

価格:638円
(2022/10/10 09:45時点)
感想(5件)

かわいそうだね?【電子書籍】[ 綿矢りさ ]

価格:550円
(2022/10/10 09:46時点)
感想(0件)

 

 

U-NEXTは本も読める!綿矢りさ作品も多数

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

どんな話し?

「亜美ちゃんは美人」については、特設サイトで下記のように紹介されています。

さかきちゃんは美人。でも、亜美ちゃんはもっと美人。高校時代に出会った二人。大学、社会人、と年を経ていくなかでさかきちゃんは常に複雑な思いで「自分より美人の親友」を見つめ続ける。そして亜美ちゃんが「初めて本気で人を好きになった」と連れてきた結婚相手は――。女性同士ならではの一筋縄ではいかない友情を描く。「かわいそうだね?」特設サイトより引用

➡【綿矢りさ】の作品を楽天市場で探す

「かわいそうだね?」よりも好き!

正直私は「かわいそうだね?」よりも、こちらの「亜美ちゃんは美人」の方が好き。

何故なら「亜美ちゃんは美人」に出て来る人物描写の方が、「あるある!」と共感できることが多かったから。

そのせいかグイグイと読めた気がした!

 

女の友情って複雑?意外なラストは必見

タイトルにある亜美ちゃんと、さかきちゃんの2人がメインのお話し。

「女友達」という設定だから、自分と重ねて読んでしまってなかなか面白い。

私も「さかきちゃん」の立場になったことがあるし、似てるところもあった。

傷つきながらもその場の期待に応えようと、泣きたい心を隠して笑顔で乗ってしまったりするなんて、私に限らずあるだろうけども……。

 

この薄っぺらい人間関係のためだけの自虐行為は、本当に自虐にしかならず、よっぽど良い人間がいない限り加速することは必至。

表情は笑顔を求め続けられ、心はその倍泣き続ける。

まさか泣いてるなんて知りもせず、いじってくるのが大半だろうな。

 

その横で笑っている「亜美ちゃん」

そんな友達もいたっけ?

 

本当に世の中「亜美」はたくさん存在する。

鈍くって天真爛漫で人を傷つけるタイプの子。

妙にプラス思考で遠回しに拒否の言葉を出したところで、それすらも笑顔でもみ消してくれるような子。

傷ついてる!怒ってる!と言いたいけども、言った途端に自分が負けたと思われたくないという悪循環。

こういう輪の中にいるのは本当に辛い。

 

ストーリーは後半で展開があるものの、最初の方はひたすら「亜美ちゃん」と「さかきちゃん」の描写だった。

どれだけ「亜美」がアイドル的存在かということを、頭に叩き込まれるような文章。

そしていつもとなりにいる「さかきちゃん」の何とも言えない心情

 

ドロドロしていくのか、亀裂が生じるのか!?
少々ヒヤヒヤしながらも、ドロドロ好きな私は破綻を期待してしまう(笑)

だけどストーリーの展開は、自分が思っていなかった方向へと進んでいき、あれよあれよで終わってしまった!

 

ある意味、意外なラスト?
「かわいそうだね?」の登場人物よりも、こちらの作品の方が人物像をハッキリと自分の中でつくることができた
途中にちょろっと出て来る男性陣も、何気に良い味つけになって良い役割をしていた。
嫉妬と憧れを多くの女子に持たれている「亜美」の変化も、どこか想像できるような感じで。

 

勝手な想像だけど、これから生涯「幸せ」だと思われるのは、きっと美人な「亜美ちゃん」ではなくて、引き立て役としてマネージャーなんて言われていた「さかきちゃん」の方だろうなぁ。

その美貌は注目の的だったかもしれないけど、自らの精神にも影響を与えてたんだろうね。

その美貌のせい(ではないかもしれないけど)で、濃密な人間関係は誰とも築けていなかったんだろう。

そしてこれからも、そういう流れは続くんだろうなぁ。

 

別に「私キレイでしょ!」と誰に迫るでもない。

自身満々に人を見下すでもない。

だけどあまりにも天真爛漫すぎて、人が遠ざかって行った。

誰も本気で彼女と仲良くなりたいと思わなかった。

近づきたいとは思っても、心での付き合いをしようとは思えなかった。

彼女の美や話題性目当てだけの人間ばかりが、彼女を取り囲んでいただろうしね。

 

一見ちやほやされ人気者だと思われても、いざとなれば誰も近づきもしない。

 

凄く残酷な関係。
華やかさの裏にある孤独。
そんな裏の部分まで理解するに至った「さかきちゃん」
変わり者の友人、小池くんに言われるように残酷な展開を望むのかどうか。
昔の友人には
「本当は亜美ちゃんのこと、良く思ってなかったんでしょ?」
と言われ、自分の本心が一体何なのか混乱してしまう。

 

 

  • グラグラする彼女が一体どこに着地するのか?
  • 2人の関係がどうなるのか?

 

そんな「?」を持ってラストを迎えた私。

 

パー子
パー子

そうきたかーーーーー!

 

これは実際読んで味わってみてください(笑)

 

 

➡【綿矢りさ】の作品を楽天市場で探す

 

 

「ともだち」ってどんな形でどんな関係のことを言うんだろう?

  • いつも一緒にいる人?
  • 滅多に出会えないけどブランクを感じない関係?
  • 本音で本心でぶつかり合える人?
  • いつでも助けて支えてくれる人?
  • 一緒に笑って泣いてくれる人?

 

自分でも分からないけど「恋愛」パターンにも様々なのがあるように、人間がつくり出す「ともだち」という関係にも様々な形があるよね。

 

それにしても!

このお話しの2人が24歳だったのに対して、「かわいそうだね?」の人物が28歳や30歳。

 

狙ったキャラ設定だろうけど、こっちの2人方が断然好きだな。

 

 

U-NEXTは本も読める!綿矢りさ作品も多数あり

 

かわいそうだね?【電子書籍】[ 綿矢りさ ]

価格:550円
(2022/10/10 09:44時点)
感想(0件)

かわいそうだね? (文春文庫) [ 綿矢 りさ ]

価格:638円
(2022/10/10 09:45時点)
感想(5件)

 

みんなの感想は?

 

➡【綿矢りさ】の作品を楽天市場で探す

 

↓他の【読書感想文】はこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました