PR

【ネタバレ感想・結末】TV映画「マインド・コントロール~執着の憎悪~」

TV映画「マインド・コントロール~執着の憎悪~」の登場人物・キャスト・ネタバレ感想・結末

今回ご紹介するのは、2022年のTV映画「マインド・コントロール~執着の憎悪~」(原題:How to Live Your Best Death)。

ネタバレ【感想】【結末】をまとめています。

 

パー子
パー子

公私共に思うように評価されない現状を打破するため、主人公クリスティンがライフコーチのアシュリーを雇うという内容だよ!

 

とりあえずアシュリー役のアリッサ・フィロラモの美魔女感からは狂気しか感じないもんで、どこまで暴走してくれるのか期待しながら観ました。

 

広告U-NEXT

本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

登場人物・キャスト

ブログ見出し下画像

 

アシュリー・トーマス

アシュリーの家には等身大パネルがたくさん!気持ち悪い!

演:アリッサ・フィロラモ
役どころ:クリスティンがネット検索で辿り着いたライフコーチ。クリスティンに執着して監視し、自分の思い通りに事が進むよう裏工作をする。

 

クリスティン・アダムス

徐々にメイクもファッションも発言もアシュリー化していくのだ。
この投稿をInstagramで見る

Danielle Baez(@danibaez)がシェアした投稿

演:ダニエル・バエズ
役どころ:結婚が破綻し離婚。優秀なのに職場で認めてもらえずモンモンとしている時に、妹のサラからライフコーチを雇えば?と提案され、アシュリーに辿り着く。サラからアシュリーの陰湿さを指摘されるも、聞き入れることができず喧嘩になる。

 

予告動画

 

 

【ネタバレ】感想・内容振り返り

ブログ見出し下画像

アシュリーの不気味さで繋ぐ90分

実話ベースの作品が多いLifetimeなんで、これもまた実話なの!?と食い入ってたけど、これは違ったみたいです。

冒頭にもエンディングにもそんな文言は出て来ずでした。

や、でもB級内を彷徨ってはいたものの普通に面白かったです。

最初にも書いたんですが、ライフコーチ役だったアリッサ・フィロラモからほのかに漂う作り物っぽさが妙にハマっておりまして。失礼!

引きつった笑顔に裏がある感じが演技だけじゃなく、お顔そのものからも漂ってると言うんでしょうか。失礼!

そんな彼女がパキッと派手カラーのファッションに身を包み、洗脳してくるから気味悪いのなんの。

 

最初はね、いいんですよ。

自身の自己啓発本を押しつけたり、食事や運動、生活の根本から見直していくのはいいことだと思うんですよ。

あと人付き合いも。自身のプラスになる人と付き合う(性別関係なく)べきってのは、私もそう感じてるので、まぁ納得できる。

でも「排除」とかってワードが出て来たら「えっ?」ってなっちゃいません?

連絡を取らず少しずつ距離を置くとか、シレッとフェイドアウトしていくとかじゃなくて、実は裏でアシュリーが殺害してたりするんですよ(笑)

堂々とガッツリと犯罪行為しはります。

クリスティンの人生を好転させる熱量は凄いけど、なんか「自分だけのクリスティン」にしようとしてるから気持ち悪い。

ちょっと学生時代あるあるの「女友達の束縛や独占」を思い出した感じ。

 

アシュリーってば、明らかに目立つ派手な服装で「いつもそばにいるわよ!」に噓偽りのない監視&尾行体制。

双眼鏡越しに見るクリスティンがスマホを手に取ると、自分に連絡があるかもと待ち構えてるんですよね。

良いことがあったらライフコーチである自分に一番に報告してくるだろう!と。

でも自分には連絡がなくて、どうやらクリスティンは妹に連絡してるっぽい。

「チッ!おもんねーな!」と思ってるか定かではないけど、顔が痙攣しだすんですよ。

煮えたぎってるんです。姐さんは怒ってはるんです。

いつこれが爆発するのかなーって、彼女の豹変を楽しみに最後まで観ることができました。

 

 

【ネタバレ】結末

ブログ見出し下画像

 

残念なことに、クリスティンの大切な人が2人も犠牲になってしまいます。

まずはアシュリー宅に忍び込んだものの、本人まさかの帰宅で襲われてしまった妹のサラサマン・ハサン)。

もう1人はクリスティンが新しい職場で出会った同僚で恋人のケビンジョバンニ・デヴァル)なんですが、彼は意識不明の状態から助かったんでしょうか。

 

ラストはクリスティン宅で、アシュリー対クリスティンのバトルが繰り広げられます。

途中心配で家に来てくれた上司のダイアン(グレッチェン・アリソン)も犠牲になっちゃうのん!?と心配したけど、彼女は強かったなぁ。

包丁を持ったアシュリーを前にしても、逃げることも腰抜かすこともなく、普通にトークしてましたからね(笑)

その隙にクリスティンはアシュリーの毒入り注射器を手にし、アシュリーにブスッと刺すことができました。

バタリと倒れ込んだものの、実はアシュリーは生きていて次の場面では檻の中。

1人でペラペラ洗脳トークをしてニッコリ微笑んで終わるというものでした。

 

正直もっとお仕置き的なオチが欲しかったのと、あまりにもプツッと終わっちゃったのが残念だったかな?

多分アリッサ・フィロラモなら、煮ても焼かれても追って来れるはずなんで、壮絶バトルを観たかったってのも本音。

 

パー子
パー子

これ、ホラーじゃない?みたいなね(笑)

 

➡その他のLifetimeの映画の感想はコチラ

 

広告U-NEXT

本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 


Huluについて


実話ベースや大人向け作品まとめ


映画感想(あ~わ)


人気ドラマ


コメント

タイトルとURLをコピーしました