PR

【ネタバレ感想】ドラマ「Dr.M/救命救急医の殺人ライフ」シーズン2(全6話)はやっぱり面白かった!【動画配信サービスhulu】

面白さとスリルがUPした「Dr.M/救命救急医の殺人ライフ」シーズン2のネタバレ感想

 

先日「イーヴィル:超常現象捜査ファイル」を観終えた後に口直しがてらHuluで視聴した「Dr.M/救命救急医の殺人ライフ」シーズン1(全6話)が面白過ぎたので、シーズン2も視聴してみました。

 

↓シーズン1の感想はこちらから

↓シーズン3の感想はこちら

 

 

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

シーズン2は何話まであるの?

シーズン1と同じくシーズン2も全6話で各話43分でした。

Huluでは字幕のみの配信となっております。

 

どんな話し?

シーズン1と同じく主人公メアリー(カロリン・ダヴァーナス)が救命救急医として病院で働きながら副業で元整形外科医のデズ(リチャード・ショート)と一緒に末期患者に安楽死(自殺ほう助)を施すというもの。

シーズン1では順調だったはずが非合法のため警察にも目をつけられ潜入捜査官ベン(ジェイ・ライアン)を送り込まれました。

このベンとは捜査官と容疑者という関係だけではなく、互いに惹かれ合い複雑な関係に。

それだけではなく安楽死用の薬の調達先であるドラッグ・ディーラーのグレイディ(グレッグ・ブリック)にも目をつけられ、公私共に脅かされるようになったメアリー。

それでも副業が生き甲斐だと言い辞められず、2人の娘を守ろうとするものの裏目に出る日々。

嘘を重ねたことで長女ジェス(アビゲイル・ウィンター・クリフォード)との関係が微妙に。

追い詰められたメアリーは最終的にドラッグ・ディーラーのグレイディに罪を被せて殺害することに成功。

シーズン2はそれから8カ月後のお話しとなります。

 

huluで視聴する!
※本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

感想

ここが良かった!

末期患者との交流

シーズン1では安楽死を依頼する末期患者との場面に時間は割かれていませんでしたが、シーズン2では安楽死に至るまでの関わりも多く丁寧に描かれていたと思います。

それぞれと向き合う時間が長い分その人の人柄が分かり、より一層重くメアリーの行いの意味も感じられました。

決して「殺人」を楽しんでいるわけじゃないよねと。

 

患っている病気も違いますが、メアリーやデズを頼る思いも言い分もそれぞれ。

無理をさせての延命が常に100%正解ではないよなと、どうしても感じてしまいました。

 

 

シーズン1よりも複雑化

シーズン1から続いている上にメアリーはまだ副業を継続中。

引き受ければ引き受けるほど、ちょっとしたミスやトラブルも増えていくもの。

良かれと思ってとった行動のせいで更に後戻りできずズルズルと悪化。

何を大切にし何を切り捨てるのか!?

嘘をつきすぎて複雑化してきた人間関係は破綻せずうまくいくんでしょうか。

次々降りかかる問題が全6話に凝縮!

展開が早くてあっという間に観終えてしまいました。

 

 

レイチェル・レフィブレの存在感

 

メアリー役のカロリン・ダヴァーナスと同様、カッコイイ知的な女性のイメージが強いレイチェル・レフィブレが今シーズンの重要人物オリヴィアとして出演していました。

落ち着いた大人の女性でありながら、常識外れな恐ろしい言動が見られ怖くて安心できないキャラクターでした。

オリヴィアもまた愛する娘がいて裏表のある顔を使い分けていましたね。

今シーズンはレイチェルの存在感が強めだったのですが、それに負けないくらいカロリンも独特なオーラを放っていました。

オリヴィアとメアリーのワケアリ同士のバチバチな感じを是非楽しんでくださいね!

 

 

【ネタバレ注意】ここからは内容に触れています!

振り返り

デズ不在中もひとりで副業をこなしていたメアリー

 

副業の相棒だったデズはメアリーを庇って8ヶ月間服役しておりました。

どんだけメアリーに尽くすねん!と突っ込みたくなるんですが、早くメアリーと仕事を再開したい!と模範囚になり早期仮釈放で出て来ます。

連絡もなくいきなり帰ったらメアリーがデズの家を隠れ家(薬の隠し場所的な)として使用していてビックリ(笑)

 

メアリーはデズが不在の8か月間、ひとりで副業に燃え、ひとりでこなす方が確実で安心安全だ!と自信をつけておりました。

すでに自分を庇って服役してるデズをまた巻き込めないよねという気持ちもあり~の、やっぱり自分の生き甲斐となっているこの副業を辞める気はサラサラない様子。

シーズン1のラストでドラッグ・ディーラーのグレイディが死亡したため、安楽死用の薬を仕入れられなくなったメアリー。

今度は自ら出向きメキシコで調達しておりました。

こっちもこっちで危険。

国境を超える際の荷物検査なんかもドキドキじゃないですか。

 

 

メアリーと組めなかったデズ

 

やる気満々で出所したのにメアリーとの久々の仕事でトラブルが発生!

依頼主は末期患者の夫とその妻だったんですが、末期患者のみという条件に反するため健康な妻の依頼を受けるメアリーに反論しました。

患者夫婦の意志は強くメアリーも意志を尊重する方向だったけど、デズの反対があり末期患者の夫だけ実行。

その結果妻がその場で身投げするという最悪の展開に。

そのこともありメアリーとデズは決別し、デズも単独で仕事を受けることになりました。

だけどそんな意気揚々とはやってられません。状況はすぐに変化しました。

 

 

突然現れた美女オリヴィア

 

デズが依頼された「仕事」

モヤモヤしたデズは久々のバーでひとりで飲んでいたら、美しい女性オリヴィア(レイチェル・レフィブレ)が声をかけて来ました。

こりゃひっさびさだぜ~と下心丸出しでオリヴィアをお持ち帰り。

スッキリしてご機嫌なデズはお替わりまで要求しかかってたけど一気に冷めた!

 

なんと!

オリヴィアはデズの仕事を知っていて「自分の夫を殺せ」と依頼して来ました。

自分はカウンセラーだと否定するも、過去の依頼者の名前を次々に出して来るオリヴィア。

「詳細はまた連絡する。」と言い残し立ち去ってしまいました。

デズ、早速ピンチ!

 

デズはすぐにメアリーに相談しオリヴィアに脅されていることも打ち明けました。

こりゃただ事じゃないねと悟り「知った経緯や他に何を知っているか探らないと!」とメアリーのスイッチがON。

オリヴィアに会いに行くことになりました。

 

 

オリヴィアの正体

困ったことにオリヴィアはドラッグ・ディーラーのグレイディの妹だったんです。

オリヴィアのとんでもない依頼を拒否して逆に脅し返したメアリー。

兄を殺したのは自分だと何を思ったのかドヤ顔で暴露するんです。

「私らに関わったらあんたもグレイディみたいになるで!」と威勢の良さをアピールしたつもりだったんだろうけど、こんなんでオリヴィアはひるむはずもなく。

兄は単純に警察に撃たれて死んだと思っていたけど、その後失血死させたのはメアリーだと知ったオリヴィア。

この暴露は逆効果だったのでは……(笑)

 

 

家電送りつけ攻撃

自分の依頼を拒否するメアリーの自宅に次々に家電を送りつけるオリヴィア。

家電業なんでお手のもの(笑)どうせなら欲しい物送ってくれたらいいよね~と思っていたのは私だけ。

メアリーはオリヴィアの仕事場に乗り込むと、音がうるさいと言ってオリヴィアが部下を目の前で射殺したり兄と同じく容赦のない面を見せつけられます。

メアリーはビビりまくって仕事を引き受けることになりました。アチャー

 

 

オリヴィアの家でベンと再会

 

オリヴィアは自分よりもだいぶヤバイ奴だと分かったメアリーは、仕方なく彼女の指示通り家に忍び込みます。

オリヴィアの夫トラヴィス(イアン・レイク)が帰宅後飲むであろうお酒に薬を入れた時、なんとトラヴィスが刑事ベンを連れて帰宅

 

「えっ!どゆこと!?」

 

激しく混乱したメアリー(多分)。

そう!

ベンはトラヴィスに目をつけ潜入捜査をしていたんです。

 

こりゃまいった。どうしよう!

焦ったメアリーはお酒を回収し足早に出て行こうとしたんですが……ベンに見つかってしまいました。

さてどうしたものか!

 

 

騙してるのか騙されてるのか

シーズン1よりも大胆に恋仲になったメアリーとベン

しかもベンは初めて「安楽死」の現場に出くわします。

すぐさまメアリーとデズを連行することができたはずだけど、依頼者の両親がメアリーを庇い、ベン自身もメアリー達を逃がしたんです。

メアリーへの好意もあっただろうけど、それ以上に「安楽死」の見え方が変わったのかもしれないなと勝手に解釈した私。

でもこれ、信じていいのか悪いのか。

騙されてるのか騙してるのか、ハテどちら?

 

互いの好意は嘘ではなさそうだけど、やっぱりメアリーもベンも芯の部分が違うから、何かの瞬間で裏切るとかハメるとか大ありでしょうよと。

 

実際今回もメアリーが手の平返してましたね。

仕方ないとは言え、メアリーはやっぱりこの副業を優先し辞められない人なんだなぁ~と。

 

 

ナオミの手に渡った動画

シーズン1でメアリーの別れた夫ケヴィン(セバスチャン・ロバーツ)と付き合っていた弁護士ルイーズ(アレクサンドラ・カスティージョ)。

彼女はメアリーの長女ジェスの友達ナオミ(ケイティ・ダグラス)の母でもあり、デズの弁護士でもありました。

あちこちで繋がっていて複雑だっただけじゃなく、デズの弁護を引き受けていたのでメアリーとデズが安楽死の説明をしている映像(隠しカメラで撮影)を証拠品として持っていたんですよね。

自分の立場上、他言はできないけどケヴィンとは別れ、彼の荷物箱にUSBを忍ばせていました。

 

が!

それを見つけたのはケヴィンではなくナオミ。

親のウフフ動画かと思って興味津々で再生してみたら、何やら怪しげな会話を繰り広げるメアリーが写ってるではありませんかっ!

 

え……ヤバ!情緒不安定なナオミに知られたら何されるや分かりません。

いつどんな形で暴露してくるんだろう。ドキドキ

 

そんな取り扱い注意女子ナオミさんですが、今回は首絞めプレイにオハマリ中だったようです。

ホント大丈夫でしょうか。

彼女。

 

自分を常に気にかけてくれていたはずのジェスが、好き放題ブンブン振り回し過ぎたせいかついに愛想尽かしちゃいました。

信仰心のあるヘザーと恋仲になってエンジョイしているではありませんかっ!

かまってちゃんのナオミは度々涙しながらも素直になれず、困らせることでしかアピールできないのです。

 

 

キャンビーはあまり登場せず……(泣)

年頃で困った友達を抱えメアリーの嘘にも悩まされる長女ジェスの登場シーンは多かったのですが、いるだけで可愛いキャンビー(ローラ・フラナリー)の出番がとっても少なかったです。

冒頭にメアリーからメキシコのお土産をもらったり、オリヴィアの家電送りつけ攻撃の時は見た記憶があるんですが、その他はほとんどお見かけしなかった気がします。

残念!

シーズン3に期待!

 

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 


Huluについて


実話ベースや大人向け作品まとめ


映画感想(あ~わ)


人気ドラマ


コメント