PR

【ネタバレ内容・感想】映画「シーフォーミー」面白い!はずの設定なんだけど?

 

今回ご紹介するのは2021年のカナダ映画「シーフォーミー」(原題:See for Me)。

ネタバレ【内容】【感想】をまとめています。

 

パー子
パー子

盲目のソフィがバイト先で強盗に襲撃されるスリラーだよ!

 

↓視聴できる動画配信サービスはこちら↓

詳細や視聴は下記サービスから!

↓  ↓  ↓

広告

U-NEXT

日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はサイトにてご確認ください。

 

 

 

スポンサーリンク

あらすじ

アルバイトで人里離れた豪邸を訪れた盲目の少女・ソフィは、視覚障害を逆手に取り、金目の物を盗み出そうとしていた。ところが日没後、武装強盗が屋敷内に侵入。ソフィは視覚障害者サポートアプリ・シーフォーミーを起動し、助けを求めるのだが…。【U-NEXTより引用】

 

予告動画

 

登場人物・キャスト

ソフィ

✅演:スカイラー・ダベンポート
✅役柄:スキーヤーとしてオリンピック出場夢半ばで視力を失い、ペットシッターのバイトで窃盗を繰り返している

  • 本作が初主演作品だったスカイラー・ダベンポートは、2012年に片麻痺性偏頭痛の発作が原因で視力を失っています。
  • アニメ作品やゲームの吹き替え担当歴が豊富

 

 

ケリー

✅演:ジェシカ・パーカー・ケネディ
✅役柄:アプリを通じてソフィをサポートする元軍人、FPSゲームオタク

【出演作】「50/50 フィフティ・フィフティ」「ミッシング・ガール」「カムガール」など

 

 

海外の評価

海外サイト「IMDb」での評価はこちら。

IMDb 評価
5.8/10
6.6K
レートがあまりよろしくなかったので、ユーザーレビューもちょっと厳しめなものが多かった印象です。
簡単にピックアップしてみると…
  • 主人公ソフィに対して一切同情できなかった!惨めな人間だと感じた
  • 酷い映画ではないけどもう一度観たいとは思えなかった
  • ソフィが頑固で愚かで無礼で嫌悪感を感じる
  • ケリーの存在が良い!どちらかと言うと彼女が危険にさらされた方が心配するかも
  • 犯人たちがソフィを追跡できないのが不思議すぎる
多くのレビューで盲目の主人公ソフィに好感が持てなかったことが書かれていました。
後程私の感想でも触れますが、ここは結構大事なところですよね。

 

 

【ネタバレ】感想・内容振り返り

どこか惜しい作品

盲目の……と言われると、スティーヴン・ラング 演じる盲目の変態爺が無双する「ドント・ブリーズ 」が真っ先に浮かびますが、こっちの主人公ソフィ(盲目の若い女性)もか弱いヒロインと思わせつつの無双タイプ

だけど視聴しての率直な感想はと言うと、特に熱くもなれずまぁまぁ……という感じ。

  • ソフィが可愛げないから感情移入できなかった
  • なんか残念!もっとハラハラできたはずなのにな
これが終始つきまとう感じで、スッキリと消化できないどことなーく心地悪いタイプの作品でした。

 

 

可愛げないぞ

海外評価(レビュー)にも散見してたんですが、私もソフィに好感が持てなかったせいで作品自体がイマイチに感じてしまった1人。

ソフィが盲目の弱者という枠にハマらないってところは良しとしても、その立場を利用して窃盗を繰り返すという、同情も共感もできないキャラクターだった事にまずビックリ。
作品のテイストからして、このキャラクターが魅力的に映えるハチャメチャな世界観でもないから、リアルにソフィに嫌悪感を感じて感情移入とか応援もできない。
強盗に追われようが「ふーん」って他人事のように観てしまう感じ。

 

パー子
パー子
視力を失い選手生命が断たれた絶望感から、自暴自棄になっての迷走なのか?

 

ヤサグレるのも分かるけど、「障がい者は疑われない、捕まらない」って言葉が凄い耳に残って不快だったんです。
見えないから盗めないだろう、疑われる要素ゼロだろー!みたいな考え方ってことですよね。
周りがソフィを腫れ物扱いすることへの反発とも取れるけど、だからと言って悪事を働くことには直結しないよねぇと。
マジで可愛げないやないけ!と。

 

 

追跡できない不思議

あと盛り上がりに欠けるなって感じたのが、ソフィに緊張感高めの危機的状況がなかったこと。

暗い室内でソフィが常に持っていたスマホの灯りや前方を照らすライトが、視界良好なはずの男性陣に全然気づかれないのです。

あんな息ピッタリにスルーされたら、観てるこっちも「あぁ~こういう系か」って肩の力抜いちゃって。

サポートアプリ「シーフォーミー」で繋がった元軍人のケリーが、スマホ越しにソフィの目となって敵を倒す手助けをする設定はイマドキっぽくてテンション上がるはずなのになぁ。

 

パー子
パー子

ソフィよりケリーの方が好きキャラやったな。

 

ケリーのサポートがあっても、人数や力や経験的にソフィが不利なのは変わらないはず。

なのに好都合に見えてしまう展開にヒヤヒヤ度は激減。

そこがめちゃ残念な気がしました。

 

 

リダイヤル

一応ラスボスのリコ(キム・コーツ )との場面は、変化がありました。

スマホの電池が切れたため、ケリーのサポート無しでの対決だったんです。

ソフィは銃を持ってますが、彼女1人で敵の位置をどう定めるんだろう?って。

 

ここはソフィの冷静さに感服。

少し前に倒した強盗のスマホを手に取り、彼の指紋認証でロックを難無く解除。

音声指示のリダイヤル機能を使って、目の前のリコのスマホを鳴らすというものでした。

 

パー子
パー子

スマホの持ち主が最後に話してたのがリコだったからね。

 

着信音が鳴り響き方向を定めたソフィが連続で発砲。

 

静まり返った室内。

終わったかと安堵しそうでしたが、実はまだリコは死んでおらず、ソフィの背後から襲いかかって来ました。

形勢逆転は難しそうに見えましたが、やっぱソフィは強運。

過剰なまでの反撃で乗り切るのです。

 

パー子
パー子

ホラー映画以上に真っ暗すぎやったけど。

 

 

金庫からネコババした?

無双して無事に助かったソフィは、心を入れ替えたのかタバコを辞めて再びスキーを始めると母親に告げました。

 

パー子
パー子

手伝われることを拒絶していたのに、車椅子を押してと頼むソフィにもビックリしてたね。

 

その後もケリーとは友達として関係を継続。

カム(キートン・カプラン)のサポートで初めて滑る時、ビデオ通話で互いを紹介していました。

集中力を高め滑り出すところでエンドロールとなって、なんか気持ち良くまとまった感があったんですが。

 

あれ?

でも待てよ!

ソフィってリコと戦う前、金庫からいくらか持ち出してなかったっけ?

札束をカバンに入れたり、持ち出しを確定させるような描写やセリフはなかったけど、これは持ち出してるってことなんだろうか。

 

そう言えば病院の帰り、車椅子を母親に押してもらい、リュックを自分の膝の上に乗せてた場面があったけど、わざわざアップで映ったリュックを掴む手が意味深だなって思ったんです。

もしかして持ち出した札束でも入ってるんかな?と。

 

パー子
パー子

娘の決意を聞いた母親が、練習費用の捻出やスキー板を新調とか言ってたし、お金はやっぱ必要だもんね。それに使うってことかなぁ?

 

なんかイッキに薄汚れた私の思考が広がってしまったラストでした。

これを吹き飛ばすくらいの結末が欲しかったなぁ。

 

最後に

スリリングな設定だけど、ソフィの強運キャラのおかげで、力まず観れた映画「シーフォーミー」の【感想】【内容振り返り】をまとめてみました。

  • 作品満足度としては「まぁまぁ」
  • ソフィ役のスカイラー・ダベンポート自身も視覚障がい者
  • ソフィに共感できない
  • ゲーム好きが萌えそうな設定だけどハラハラ度低め
  • 金庫のお金は持ち帰ったのか?

 

色々思うところはあるものの、スカイラー・ダベンポート自身の経験などが活かされた作品であることは間違いありません。

 

↓視聴できる動画配信サービスはこちら↓

広告U-NEXT

本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 


Huluについて


実話ベースや大人向け作品まとめ


映画感想(あ~わ)


人気ドラマ


コメント

タイトルとURLをコピーしました