【ネタバレ・あらすじ・感想】ドラマ「イーヴィル:超常現象捜査ファイル」シーズン1最終話(第13話)「毒麦」【動画配信サービスhulu独占配信】

「イーヴィル:超常現象捜査ファイル」シーズン1の最終話(第13話)の【あらすじ】【感想】

 

この記事は「イーヴィル:超常現象捜査ファイル」シーズン1の最終話(第13話)の【あらすじ】【感想】です。

2022年7月8日からついに「イーヴィル:超常現象捜査ファイル」シーズン1がhuluで独占配信されました!

司法心理学者のクリステンと神父見習いのデヴィッド、デヴィッドと組んでいる便利屋のベンの3人のチームワークやバランスが絶妙で面白い!

科学では証明できない悪魔や憑依、奇跡はこの世に存在するのか!?

凸凹な3人がそれぞれの視点で全力でぶつかっていきます。

 

↓このエピソード以外のあらすじはこちらからお読みいただけます。

 

 

ここでは【あらすじ】【感想】を残していますので視聴前の方は気をつけてくださいね!
スポンサーリンク
スポンサーリンク

登場人物・キャストはこちら

第13話「毒麦」41分

  • クリステンがオーソンに「悪魔の憑依がない?」と聞くと「妻の思い込みだ。」と答える。続いて「弁護側はロイという悪魔が憑依と言っている。」と言うとオーソンは「知らない。」と返す。
  • 「じゃあ殺害時はやはり意識喪失?」とクリステンが聞くと「ああ」とオーソンは答える。
  • クリステンがスマホの画面を見ると、日付けや時計がぼやけている。
  • クリステンは机に十字架を描き「どう思う?」とオーソンに聞き「天におられる我らの父よ」と祈り始める。
  • オーソンが飛びかかってくるのが分かっているクリステンは自分の椅子に手を伸ばしタイミングを見てオーソンに椅子をぶつけ「どんな気分?」と言い蹴り飛ばす。
  • クリステンのベッドにジョージが現れる。「待ってたわ。」とクリステンは言いジョージに包丁を突き刺すとジョージは床に転がり動かなくなる。
  • クリステンが寝室のドアを開けると山羊のような(角のある)悪魔が「夫の勧めをどうして断ったんだ?山登りに行ってこい。察しはつくだろう。」と言って手を叩くと目が覚める。
  • ベッドには娘4人が寝ておりレクシスが「悪夢を見たでしょ。私も見たの。」と言い吐血する。
  • 驚いたクリステンが飛び起きると娘達には何もなく夢だったと分かる。
  • 朝、娘達が「パパはいつ戻る?」とクリステンに尋ねると「1週間後。」と答える。
  • シッターはシェリル(クリステンの母)にはお願いしないとクリステンが言い「最近ヘンなことはなかった?」と娘達に聞く。
  • ローラが「少し浮かれていたかも。猿みたい。」と言う。
  • 娘達がタウンゼンドとは別れてないかもといった雰囲気になる。
  • レクシスがクリステンの悪夢について「大丈夫だよ。」といきなり話しだしクリステンが「なぜそれを?」と聞くと「前に話したでしょ。」と答える
  • 娘達をスクールバスに見送るとすぐ横にオーソンが立っていた。
この投稿をInstagramで見る

Evil(@evil)がシェアした投稿

  • 「謝りに来たんだ。僕は君の敵じゃない。」と言うオーソンを無視してクリステンは不審者がいると通報をして立ち去るよう脅す。
  • ボッグスはデヴィッドとクリステンとベンに「憑依は信じないが患者に懇願されてるから悪魔祓いを頼みたい。」と話し出す。
  • ボッグスはキャロラインの悪魔祓いを見て信仰心ゆえに回復したとし患者と話してくれないかと頼む。
  • クリステンは「何故女性ばかり?」と疑問を口にする。
  • ボッグスが双子を妊娠中のエレノアを連れて来る。
  • クリステンがエレノアに話しを聞くと現在妊娠8カ月半で痛みがあるのは4ヶ月ほど続いていると言う。
  • デヴィッドが「自分が憑依されたと感じている?」と尋ねると「お腹の子よ。体外受精で。男の子と女の子。」
  • 夜になると体の中から音が聞こえて来て女の子はずっと「助けて」と泣いていると話す。
  • クリステンは4姉妹の妊娠中のことを話すとエレノアはそれとは違うと話だし酷い痛みで体が動き「どうか助けて」と訴える。
  • 胎児に悪魔がつくのかデヴィッドは分からないと言い、神父に聞いてみると退室する。
  • ボッグスの受付の女性がタウンゼンド博士と電話していて、クリステン達がいたことを報告しタウンゼンド博士は「また頼む。」と言う。
  • クリステンはシェリルにタウンゼンドとまだ付き合っているのかを尋ねると「夫の告げ口?」と言う。
  • クリステンはアンディからのプレゼント(山登りへ行っておいで)は自分とアンディとシェリルしか知らないはずなのに、タウンゼンド博士が知っていたと伝えると「もうやめて。誰と恋しようと自由でしょ。」と怒る。
  • クリステンは彼はサイコパスだと再度忠告し、自分達かタウンゼンド博士かを選べと言う。
  • 一瞬驚いたシェリルはクリステンにキスをし「さよなら」と言って出て行く。
  • シェリルが出て行くのと同時にミラが訪ねて来る。
  • ミラは「脅迫の苦情が来ている。」と言う。
  • オーソンは殺人犯だと言うとミラは無実だから彼には近づかないでと強く言ってくる。
  • ミラはすぐに帰って行き話しが通じない様子に「冗談でしょ。」とクリステンはつぶやく。
  • スマホに「エレノアが大変だ」と通知が来る。
  • エレノアはお腹の子が自分を食べてると言い出し、クリステンは妊娠中の体はと説明するが、エレノアはやめてと拒絶する。
  • デヴィッドはロザリオを手に取るようエレノアに指示するが特に問題は起きない。
  • エレノアは自分でシャツをめくってお腹に当ててと頼む。
  • デヴィッドはロザリオをお腹に置き祈り始めると、エレノアのお腹の中で激しく動き出す。
この投稿をInstagramで見る

Evil(@evil)がシェアした投稿

  • 「この子を出して殺される」と涙を流してエレノアは訴えて来る。
  • 紋章(シジル)の写真のコピーをタウンゼンド博士が虫眼鏡で見ている。
この投稿をInstagramで見る

Evil(@evil)がシェアした投稿

  • タウンゼンド博士は「これに感謝だ。」と言い部屋に入って来たシェリルに「クリステンにバレてない?」と尋ねてキスをする。
  • シェリルが「どんな図案か分かった?」と聞くと「君の娘は?」とタウンゼンド博士が返す。
  • タウンゼンド博士が「君の鍵を見せてくれ。」と言いシェリルのキーリングを取り背中を向けクリステン宅の鍵を取り、自分の部屋の鍵をつけるためだよとごまかす。
  • 黙って取ったクリステン宅の鍵を廊下で待っていたオーソンに投げ渡し複製するように指示をする。
  • デヴィッドが神父に悪魔祓いをするように頼む。
  • クリステンにオーソンから電話があり咄嗟に録音しようとするが失敗する。
  • クリステンは家の鍵やセキュリティーをベンに手伝ってもらって一新する。
  • エレノアは悪魔祓いの一環で教会での集会に参加するが途中で悲鳴を上げ倒れ込み大量に出血し病院に運ばれる。
  • マークス医師がエレノアに「担当の産婦人科医を呼んだからしばらく待ってくれ。」と言いモニターを消すがエレノアが「今すぐつけて」と言いマークス医師に見せてもらう。
  • モニターには双子のはずなのに1人しか映っておらず「娘はどこ?」とエレノアは動揺する。
  • 寄生性双生児(成長の止まった1人がもう1人に付着する)だったのかもしれないと担当医に言われる。
  • エレノアは「食われた」と主張するが医師は「妊娠後期に起こるのは珍しいけど残った赤ちゃんは元気よ。」と言う。
  • エレノアは泣きながらデヴィッドの手を掴み「どうか助けて。」と言う。
  • クリステンは娘達に新しい鍵を渡し責任者はリンだと言う。
  • 一人一人キスをしているとレクシスの口元に血がついている。
  • 強く歯磨きをしたというレクシスに「歯医者を予約する。」とクリステンは言う。
  • 神父達は悪魔祓いを始める。ボッグスも同席している。
  • デート中シェリルはタウンゼンド博士にクリステンから絶縁を申し込まれた件を伝えると、タウンゼンド博士はシェリルにプロポーズする。
  • シェリルは涙ぐみ「イエス」と答える。
  • デヴィッドとクリステンは話しが弾み距離が縮まったような感じになる。
  • デヴィッドは死への恐怖を語り、昔に銃撃戦で亡くした人の話しをする。
  • クリステンはデヴィッドに「帰らないと。」と言いデヴィッドは話せたことを喜び2人は握手する。
  • 夜呼び鈴が鳴りレクシスが起きて玄関に行く。
  • ドアをノックする音がしてレクシスは「誰?」と声を出しロックを解除してドアを開けると悪魔が「行くぞ。次のレベルだ。」と言い家に入ろうとする。
  • レクシスは「ダメ!」と言ってドアを閉め押さえる。
  • ベンは悪魔祓い中に「パジーのクリスマス」の曲が流れるぬいぐるみを見つけ、その足には「RSM生殖医療」というタグがついている。
  • 2人がネットで調べると最良の不妊治療をしている団体だと分かり、デヴィッドがサイトのマークを見るとオイラーの三角形であることに気づく。
  • 家のドアが開いたままレクシスが床で倒れ込んでいるところにクリステンが帰宅する。
  • オーソンから大きな花が届いていることに気づき、クリステンはレクシスを子ども部屋に戻し、クリステンはピッケルを手に持つ。
  • デヴィッドとベンは「RSM生殖医療」に出向きパンフレットを受け取ると、シカゴ、NY、ワシントンと書かれていてデヴィッドの啓示と重なる。
  • モニターを見ていると子ども達の写真の中にエリックが写っていて顧客は近郊の人が多いと知る。
  • 自分達はフェレル夫妻(ブリジットとドワイト)の紹介だとデヴィッドが嘘をつくと「いいご夫婦ですよね。流産はお気の毒でした。」とスタッフが答える。
  • ベンが「どう思う?」とデヴィッドに尋ねると「マタイの13章。”天国はよい種をまいた 畑のようなもの だが敵が来て 毒麦をまいていった”聖書の毒麦は受精卵だ。幼児虐殺は2歳児ではなく受精卵を侵すこと。」と答える。
  • エレノアが破水した連絡を受け3人は病院に集まる。
  • 悪魔祓いは破水で中断したと聞く。
  • ベンがクリステンの足に血がついていると言うと、クリステンは拭き取り「血はついてなかった。ほらね。」と言う。
  • 「家族が安全って最高」と言いベンの前から立ち去る。
  • デヴィッドが分娩室に入りエレノアの横で見守っている。
  • 無事に赤ちゃんが生まれ3人は話しをする。
  • ベンが「サイコパスが受精卵に細工しているとデヴィッドが言っている。」と話しを切り出し「世代を侵すんだ。誕生前に悪に染めておく。啓示に現れた。RSM生殖医療だ。」とデヴィッドが言う。
  • 話しを聞いてクリステンが「RSM生殖医療は自分も利用した。」と言う。ライラのあと流産し体外受精をして生まれたのがレクシスと話す。
  • クリステンはレクシスのファイルを見ているとシェリルが来て鍵を替えたことを伝える。
  • シェリルからタウンゼンド博士と結婚することを聞かされるがクリステンは祝福することを拒絶しドアを閉める。
  • デヴィッドは祈りながらマジックマッシュルームを手に取り壁を見つめると何か見え始める。
  • 目の前に白いワンピースを着たクリステンが微笑みながらゆっくり歩いて来るが、その視線の先は自分ではなく山羊のような(角のある)悪魔を見ている。
この投稿をInstagramで見る

Evil(@evil)がシェアした投稿

  • デヴィッドはハッとして我に返る。
  • クリステンは子ども部屋に行き寝ているレクシスの頭を撫でる。
  • クリステンにミラから連絡があり「オーソンが殴打されて死んだ。容疑者は奥さん。」と言われる。
  • クリステンは洗面所へ行き酷く動揺する。
  • 戸棚を開け何気なくロザリオを手の平に置くと熱くて落としてしまう。
  • 手の平を見ると十字架の跡がついている。
この投稿をInstagramで見る

Evil(@evil)がシェアした投稿

  • クリステンは驚いて鏡を見る。

 

 

\ 2週間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

 

感想

ついにシーズン1の最終話になりました。

このエピソードではデヴィッドの啓示が次々に結び付き、これまで出会って来た人達との繋がりも見えてきましたね。

 

マタイの13章の意味

ガーナに刺され壮絶な入院体験をしたデヴィッド。

あの時看護師のリンダに頻繁に薬を足され意識が朦朧としていましたが、そのおかげもあってか預言者グレイスからの言葉を忘れず脳内に刻み込むことができました。

「マタイの13章25節」が何よりも優先事項のように印象づけられましたよね。

そしてデヴィッドが啓示で見た「オイラーの三角形」が「RSM生殖医療」という不妊治療の団体のロゴと繋がった時、寒気しましたもん。

まさかこんなところで!?と。

デヴィッドはマタイの13章にあった「毒麦」は受精卵のことで、「幼児虐殺」は2歳児ではなく受精卵を侵すことだと考えました。

 

RSM生殖医療を利用した人達

顧客は近郊の人が多くここの利用者にも繋がりが見えて来ました。

「RSM生殖医療」と繋がりがあったのは

  • 双子妊娠中のエレノア(体外受精だと言っていて、キッチンに「RSM生殖医療」タグつきの人形があった)
  • ドワイトとブリジット(残念ながら流産)
  • エリック(妹をプールに沈めた男児)
  • クリステン(授かったのがレクシス)

 

クリステンは基本悪魔や憑依は信じていませんが、こんな繋がりがあるとさすがに気にせざるを得ません。

レクシス絡みでは度々不思議なことがあったので余計にクリステン的には心配なはず……

 

釈放後のオーソンは誰に殺されたのか?

タウンゼンド博士の入れ知恵なのかドワイトが突然「あの事件は自分がやった。」と証言し始め判決が覆り、オーソンがまさかの釈放となりました。

釈放された途端にクリステンに電話をかけた来たり、直接会いに来たり、花を届けたり拒否するクリステンを煽るように接触して来ます。

判決が覆ろうがオーソンが有罪なのは間違いないとクリステンは信じているので、家に来たらそりゃ子どもに何をされるか心配で仕方ないですよね。

 

実際タウンゼンド博士がシェリルのキーリングから取った、クリステンの家の鍵を複製しろと頼んだのもオーソンだったので、この一連の行動もタウンゼンド博士の指示通りなんでしょうね。

 

オーソンを追い払おうとしたクリステンの行動が脅しと取られ、逆に警察にクレームを入れられるとかも、なんと意地の悪いことか。

 

クリステンの不審な言動

度重なる接触に不安を募らせクリステンが行動に出ましたよね。

オーソンと会った場面はなかったんですが何か嫌な予感がする場面が続きました。

 

  • 凶器に使えそうなピッケルを手に取っていた
  • 足に血が付着していたことをベンに指摘された時の対応の仕方
  • 去り際にベンに「家族が安全って最高」と興奮気味に言っていた
  • オーソンの訃報を聞いた直後にロザリオを手に乗せた意味

 

オーソンの訃報を聞いたクリステン

オーソンが殴打され亡くなったことは友人であり刑事のミラから連絡がありました。

容疑者は奥さんらしく「ショックだわ。」と言ったクリステンに「そうかしら。」と、クリステンの反応に疑問を持つような声色でミラがサラリと返していました。

 

その電話を終えたクリステンは、明らかに動揺していて洗面所で手を洗い引き出しからロザリオを取り出しました。

そして十字架を手の平に当てると熱そうに声をあげて落としてしまいます。

恐る恐る手の平を見るとヤケドのような跡がついていました。

 

デヴィッドの啓示に現れた悪魔とクリステン

エレノアの出産に立ち会ったデヴィッドは、自分の部屋で不思議な光景を見ます。

爽やかな青空が広がる麦畑に自分が立っていて、前から白いワンピースのクリステンがゆっくり歩いて来るんです。

最初はニッコリと見ていたデヴィッドですが、何か違うことに気づき険しい顔になりました。

クリステンの視線の先は自分ではなく別にあると気づいたんです。

その先には山羊のような悪魔でした。

 

ロザリオの件も含めてクリステンが悪魔側に行ってしまったような解釈をしてしまうんですが、これってどうなんでしょうか。

凄く気になるラストでしたね。

スッキリと全てを解決することなくシーズン1が終わったので、シーズン2もhuluに早く入って来て欲しいです!

 

各話の【あらすじ】【感想】はこちら

  1. 悪魔はささやく
  2. よみがえりの奇跡
  3. 悪魔の声
  4. 届かぬ祈り
  5. ハロウィーンの夜
  6. 預言者
  7. シジル
  8. 父親たち
  9. 副作用
  10. クリスマスソング
  11. 320号室
  12. ゆがんだ正義
  13. 毒麦

 

 

\ 2週間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました