【ネタバレ感想】「ロスト・ボディ」毒殺した妻の遺体が行方不明になって警察に拘束された年下夫の話し

スペイン産のサスペンス・ミステリー「ロスト・ボディ」は少しホラー要素のある”まさか”な結末が見物!hulu・U-NEXTで配信ある?

 

 

モヤモヤが止まらないー(´Д`)!

 

2022年8月末突然わき出したこの感情は、huluで視聴して来たスペイン発ドラマ「ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸」のせいだ(笑)!

 

ここでは詳細は省くけど、ドラマに出ていたキャストの出演作を観たくなって2012年の「ロスト・ボディ」をhuluでチョイス!

 

 

作品の存在自体は知っていて、当時評価が良かったことも覚えていたけど、ずっと視聴に至らなかった作品でした。

どうやらこの「ロスト・ボディ」には「ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸」のガンボア役だったファン・パブロ・シュクとレオノール役のベレン・ルエダが出ているらしい。

 

こりゃ観るっきゃない!と本腰入れて視聴スタートです。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

予告動画

 

「ロスト・アイズ」の脚本家オリオル・パウロが監督・脚本を手がけ、死体安置所から謎の失踪を遂げた死体をめぐる謎を描いたスペイン産ホラー。

ある晩、パニック状態となった死体安置所の警備員がトラックに轢かれて死亡する。その死体安置所では、マイカという女性の死体が行方不明になっていた。死体失踪事件の捜査に乗り出したハイメ警部は、マイカの夫アレックスと接触を図るが……。

出演は「永遠のこどもたち」のベレン・ルエダほか。「シッチェス映画祭ファンタスティックセレクション2013」にて上映。(映画.comより引用)

 

\ 2週間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

 

\ 31日間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

※サイトで配信作品の有無やスケジュールを必ずご確認ください。

 

 

 

感想

その日亡くなった大富豪年上妻・マイカ(「ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸」のレオノール役だったベレン・ルエダ)の遺体が、遺体保管所から無くなったと呼び出された夫・アレックス(ウーゴ・シルバ)。

年下夫を監視し浮気を疑うマイカとマイカの逆鱗に触れないようシレッとかわすアレックス
(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

 

一応妻は心臓発作で亡くなったことになってるけど、不倫相手・カルラ(アウラ・ガリード)とくっつきたい&遺産ゲットしたいアレックスが毒殺

 

ただでさえ毒殺がバレないかヒヤヒヤしてる時に遺体が無くなったって?
誰がなんのために?
もしかしてマイカ生きてるんちゃうん!?

 

どうにか調べたいけど、事情を知りそう(目撃していそう)な夜警のオッチャンが、何かを見て慌てふためき持ち場を離れて行くのが監視カメラに残されていた。

その夜警のオッチャンは逃走中に車に轢かれてしまって意識不明。

一体何に慌てふためいていたのか。

 

不思議なセンター分けの頑固そうなハイメ刑事(ホセ・コロナド)には最初から疑われるし、警察署で拘束中も不可解な出来事の連発でアレックスはどんどん不利な方に追い詰められちゃう。

 

自分のしたこともバレたくないけど、協力してもらってたカルラも危険な状態になって来た。
やっぱマイカは死んでなかったんだ!俺達に復讐してるんだー!

 

と姿のないマイカに怯えるアレックス劇場です。

 

さてhuluでは字幕と吹き替えがあったんですが、今はスペイン語のけたたましさを聞きたくて字幕で視聴しました。
※「ハウス・オブ・ザ・ドラゴン」の独占配信で加入者増えてそうなU-NEXTでも配信中!

 

どんどん耳に押し寄せる情報量が多そうなスペイン語特有の早口な言葉が、追い詰められていく主人公を更に煽っているかのようでした。

 

全然内容知らずに観たんですが、全く思っていなかったところに着地し華麗なゴールを決められました。

一見地味なんだけど人の思い込みの利用、的確なタイミングを選ぶとこんなゲームができるのかっ!?と感心しました。

1時間52分、ほんのりホラー要素もあるサスペンス・ミステリーで全く退屈になりません。

実は要所要所にヒントが隠されていたけど、思い込みからかそこにビビッと私は反応できませんでした。結末を知ってから再度観直すのも美味かもしれないですね。

突っ込みどころもあるけど、それ以上の何かを得る作品。

だと思う!

 

確実にネタのバレは見ていない方が楽しめる作品なので、視聴前の人はスルーしちゃおう!

 

 

アレックスを支配したいマイカ

風呂で毒入りワインを飲んで8時間後に心停止したマイカは、最後の最後までアレックスに穏やかに拒絶され怒り心頭
(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

 

 

歳の差とか格差とか色々言われる夫婦もいるけど、本人達が幸せなら外野が騒ぐことではないよねと思うんですが、やっぱ歳の差って夫婦を続けて行くの難しいのかも。

マイカの方が格上で稼ぎも凄くてやり手だけど、お金を盛ったところで年齢の差は縮められない。自分が若くないという現実と彼のそっけない態度がマイカの不安を増長させてしまいます。

アレックスの職場(と言ってもオーナーはマイカ)にホロッと現れたり、真剣な話しの時笑える要素ゼロの冗談を言ったり一芝居をしたり、マイカのSっぷりもたいがいウザイ(笑)

彼女の強がりなのか、もっと素直な振る舞いをすればいいのに、権力と金でアレックスを支配しようと繋ぎとめようとします。

でも冷めてるアレックスはどんどん離れて行く感じ。

まさに悪循環。

 

同じ女性としてちょっとカワイソウだなと思うけど、ベレン・ルエダの見た目も作用してかただただ「怒らせたら厄介な女性」像に仕上がっておりました。

やっぱ金持ちはこえ~!

 

マイカならやり兼ねない!

莫大な資産を使ってでも何か仕掛けて来る人間

という認識をしているアレックスは、遺体が行方不明になったことでマイカを殺し損ねてたのかも?と不倫相手のカルラと共に不安に陥ります。

もちろんマイカに協力する人間がいてこそ、このゲームは成り立つんですが……

何やらワケありなハイメ刑事がセンター分けで睨みつけて来るし、行くとこ行くとこに「マイカ殺害を知ってるぞ」と主張してくる物(ブツ)を小出しで置いて行く何者かの存在に怯えるアレックス。

本当の事を誰にも話せずただただ隠し嘘をつくだけ。

 

マイカは生きてたんだ!マイカならやりかねん!
そんなアレックスの必死の言葉も鼻で笑われるだけ。
誰の信用も得られず苦しむことすらもマイカの計算なんだ!
とアレックスは思い始めます。
ある時アレックスがこもった警察署のトイレにマイカ関連のカードが置かれていて、見られちゃ困るとビリビリに破いてトイレに流そうとしました。
でも何度スイッチを押しても故障してるのか水が流れない!
長いトイレを不審に思う刑事が様子を見に来てて「気分が悪い。」とアレックスが個室から答えます。
破いた紙、流れないトイレ……さてどう乗り越える?
アレックスは何を思ったのか便器に入れた紙を食べたんです(笑)エッ( ゚Д゚)!?
ヤギ?
それくらい追い詰められてたってことにしときましょ(笑)

思い込みを利用した復讐劇

愛するカルラは実はハイメ刑事の娘だった!やっぱセンター分け(笑)!
(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

 

唐突なんですが結末はこんな感じでした。

  • マイカは死んでいて遺体袋が山中で見つかった
  • ハイメ刑事の復讐劇だった
  • 不倫相手カルラの家は数年空き家でカルラはハイメ刑事の娘だった
  • アレックスは8時間前カルラと一緒にいる時に毒薬を飲んでいたため死亡まで残り時間僅か

 

この一連の流れは用意周到に準備された【ハイメ刑事の復讐劇】でした。

どうやら彼が心病んでしまった理由として妻の事故死があったんですが、この事故がただの事故じゃなかったんですね。

ある夜ハイメ刑事が運転し助手席に妻、後部座席に幼い娘カルラが乗る車に助手席側から車が突っ込んで来ました。その勢いはなかなかなもので、モロに衝撃を受けた妻の顔はめくれていました。

妻はなんとかハイメ刑事の手を握り返す僅かな意識が残っていたんですが、追突した車は通報も救助もせずその場から逃走。ハイメ刑事の妻は亡くなってしまいました。

この時車のナンバーや車内の様子が見えずどうすることもできなかったんですが、ある時娘が車の特徴やナンバーを思い出したんです。

 

そこからハイメ刑事親子は確認作業に入ります。

講師をしていたアレックスに教え子としてカルラが近づき親密な関係に。
「自分達には秘密は無し!」と過去の罪を告白させることに成功します。

 

カルラの記憶は正しかった。

アレックスがこの車の運転手で横にはマイカが座っており、事故直後動揺するアレックスに「車を出して!」と逃げるよう命令。

そう言えば、アレックスが暗証番号を何でも日付けにするとマイカが言ってましたよね。良い日も悪い日も。もしかしたらこの事故の日付けも使われていたんでしょうか……ずっとマイカの言いなりで動いて来たのが垣間見えた気がしましたね。

 

マイカを殺してまで一緒になろうとした可愛いカルラ。自分が警察に拘束されてから色々調べて情報提供してくれていたカルラ。

これが全部嘘だったことが判明してアレックスは愕然!

カルラの身を案じてマイカ殺害もハイメ刑事に自白したけど、なんのプラスにもならなかった。しかもさっきカルラと一緒にいた時にマイカ殺しに使った毒飲んでしもてた!

 

絶望的な気持ちになりながら目の前にマイカの遺体。

自分も間もなくそっちに行く。

 

 

意識が遠のくアレックスを見下ろすハイメ刑事の「チクタク」がクールに決まったラストでした。

ハイメ刑事のドヤ顔を見ながらアレックスも安心して眠れそう!
IMDb.comより

 

 

アレックスに微塵も疑われなかったカルラ、死んでもなお疑われ続けたマイカ。

言うても夫婦だったアレックスとマイカ。
殺された挙句、疑われるのってさびしすぎますね。

 

 

私も気をつけよ。

 

ヒントは序盤から

沢山のヒントと親切丁寧な答え合わせが得意なセンター分けのハイメ刑事と、トイレに捨てた紙をモグモグしちゃったアレックス
(C)2012 Rodar y Rodar Cine y Television/A3 Films. All Rights Reserved

 

この作品、振り返って考えてても面白い!

何故なら観てる私も思い込みしてたから(笑)

同じ場面でも真実を知っているかどうかで見え方がガラリと変わっちゃう。それに「この人は○○だ!」と信じ込んでたりすると、都合の良いようにしか見えないフィルターがかかりますもんね。

ここでは黒幕だったハイメ刑事を振り返ってみたいと思います。

全部は拾いきれないので、是非本編で楽しんでみてください(逃げ)

 

 

休暇明けのハイメ刑事

遺体保管所の夜警のオッチャンが車に轢かれた直後、ハイメ刑事が電話で部下に呼び出されました。

 

部下は「ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸」ガンボア役のファン・パブロ・シュク!
IMDb.comより

 

ちょうどシャワーを浴びた後のハイメ刑事は電話越しに、3時間前にベルリンから戻ったと話していました。

そして部下と合流してからの会話では、ベルリンで2年半ぶりに娘に会ったと。

 

普通に聞いてたけど、後から観ると嘘ばっかりですよね(笑)

娘・カルラから得たマイカ殺害のスケジュールに合わせて休暇→マイカの遺体を運び出す→ひと仕事終えてシャワー浴びた→休暇明けのように捜査に参加

な感じでしょうか。

娘と会ってたとかカルラはベルリンにはいなかったワケですし……ね。

 

それにしても夜警のオッチャン、轢かれる前提ってワケじゃないだろうし、復讐に巻き込まれて気の毒ですよね。
そうだ。探偵の人も殺されてたんだっけ?

 

事情聴取

アレックスが呼び出されて駆けつけた警察署で行われたごくごく普通の事情聴取。でも後から振り返ると序盤の段階からハイメ刑事のヒントが投下されていたんですね。

 

似たような事件では臓器売買に絡む事件はあったが今回は関係ない。
強盗なら痕跡が残るし臓器目的なら複数の遺体を盗む。
それに窃盗団が狙うのは若い遺体だ。
残る可能性はカルトだが奥さんはカルトに入っていない。
では、個人的な怨恨でしょうな。
死んだ後まで危害を加えようとした。
奥さんは誰かと揉めてなかった?
こんな不気味なまねをしてまで、あなたを傷つけたい人物は?
慣れた様子でサラサラ言葉を滑らせるハイメ刑事。
表現間違ってるかもしれないけど、妻を殺した憎き男・アレックスを目の前にしてゾクゾクワクワクしてたはず。彼を追い込み復讐するこの日を楽しみにしてたに違いない。
だけど警察なんだったら、もっと別の方法でアレックスとマイカに罪と向き合う方法はつくれなかったのかなぁ。大富豪相手じゃ厳しいんかなぁ。何よりも、ハイメ刑事が自分の手で完結することに意味があったんかな。

 

 

「ロスト・ボディ」今すぐ観れるのはココ!

動画配信サービスhuluより

 

私はお馴染みのhuluで視聴したんですが、どうやらU-NEXT等でも配信されているようです。

どちらの動画配信サービスでもはじめての方には【無料トライアル】があるので、無料(タダ)で視聴可能です。

詳細や配信作品などは各サイトで確認することができるので、気になる方はチェックしてみてくださいね。

 

 

 

 

↓ベレン・ルエダとファン・パブロ・シュクが出ていたスペイン発ドラマ「ロスト・イン・オーシャン 消えた大陸」関連の記事はこちらから

 

 

108時間 [ ベレン・ルエダ ]
楽天ブックス
¥ 3,418(2022/08/29 09:06時点)

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました