【ネタバレ感想・結末】「ザ・ギフト」ただの親切心?贈り物の本当の意味とは?【hulu・U-NEXT】

映画「ザ・ギフト」夫妻に届けられる贈り物にはどんな意味があるのか?ジョエル・エドガートン初監督作品

 

 

転職が決まり引っ越して来た幸せな夫婦の家に度々プレゼントが届く。

贈り主は夫の昔の同級生で最初はワイン1本から始まった。

彼はただ親切な人なのかそれとも何か裏があるのか……?

 

「パラノーマル・アクティビティ」シリーズなどのジェイソン・ブラム製作、俳優ジョエル・エドガートンが初めて監督を務めたサイコスリラー「ザ・ギフト」をhuluで視聴しました。

 

 

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

予告動画

 

登場人物

サイモン(ジェイソン・ベイトマン)

youtube.com
映画「ザ・ギフト」予告編より

野心があり精力的な反面、優しさに欠け自分一番な面が徐々に露呈したロビンの夫。ゴードとの再会を喜べず見下したような発言が目立つ。ゴードを庇う妻・ロビンとは違いゴードに「迷惑だ」と早々に告げるが……

 

ロビン(レベッカ・ホール)

youtube.com
映画「ザ・ギフト」予告編より

サイモンの妻でデザイナー。流産を乗り越えようと現在妊活中。仕事をオンラインに切り替え自分のペースで暮らしている。ゴードを気持ち悪がるサイモンとは違い、気を遣いながらも穏やかに対応し、ゴードを庇うことが多い。ゴードが最後に届けた手紙の一文が引っかかり始めて……

 

ゴード(ジョエル・エドガートン)

youtube.com
映画「ザ・ギフト」予告編より

引っ越して来たサイモンとロビンを見かけ、自分はサイモンと同じ高校だったと話しかけ繋がる。サイモン宅の住所を知らされていないにも関わらず玄関先にワインを届ける。それからは事あるごとにサイモン不在時に訪ねてはロビンと絡んで行く。

 

\ 2週間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。
\ 31日間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

※サイトで配信作品の有無やスケジュールを必ずご確認ください。

 

 

 

感想(ネタバレあり)

前置きもなく感想を言ってしまうと

地味だったけど退屈しない上質なサスペンスでした!

上質だったなと思えたのは【血を見せなくても感じられる恐怖演出】【過剰に色付けされていない人物像】【ギフトへの意味の持たせ方】【社会的な制裁】かな。

良い方にも悪い方にも過剰に振っていない分、地味だったりもするんですが、言葉には出さないモヤモヤとした気持ちが、ジワ~っと染み出るように沈黙や間がうまく取られていました。

説明しすぎず感じ取る要素もあって、大人向けな上質なサスペンスではないでしょうか。
特に妻・ロビンを演じたレベッカ・ホールが口数は少ないけど、何か考えている表情を見せることが多く、夫・サイモンへの不信感の表れのようで良かったですね。
単純に「気持ち悪い!」「サイコだ!」と印象づける視覚的な演出にはせず、派手さがない分リアルというか説得力があるというか。社会的な制裁としてきちんと罰(苦しみ)を与えられている点も◎かなと。
観る人の性格によっても評価が割れそうな気もします。自分の生き方とか、夫婦関係とかにも置き換えて考えられるような場面もあって、なかなか奥が深いなと感じましたよ。

高校の同級生

youtube.com
映画「ザ・ギフト」予告編より

見るからに陰湿そうなジョエル・エドガートン演じるゴードは、高校の同級生だったサイモンと再会し嬉しそうに声をかけます。でもサイモンは気まずそうで。
確かに同級生とか地元の人に数年ぶりにバッタリ出会うと、喜び100%では対応できないこともありますよね。掘り起こしたくない記憶を豪快に掘り起こされるし、都合の悪いこともどんどん話題に投入されちゃう。
逆にこっちがテンション上がり気味でも相手の反応がイマイチだったりとかも、それはそれでショック(笑)ガーン
なもんで、この最初の出会いのぎこちなさはアルアルだわねと。
だけどこの再会を果たしてからはゴードに自宅を特定され、せっせかプレゼントお届けオジサンに変身。最初はワイン1本だったんですが……

贈られたギフトとは

タイトルにもなっている「ギフト」なんですが、私はテッキリ最初のワイン1本から徐々にエスカレートして常人とは思えないサイコな展開で血生臭くなってくんだと思っていました(笑)

 

が!このゴードはそこまで常識外れとまではいかず、「気持ち悪い人」と「お節介寄りの親切な人」を行ったり来たりする絶妙ライン

警察に言うまではいかないけど、ご近所さんに相談はしちゃうレベル。

 

ゴードからのギフト

  • ワイン
  • 近所の業者リスト
  • ガラスクリーナー
  • 鯉の餌
  • TV接続
  • ゴード宅での夕食
  • 「地獄の黙示録」のCD
  • 手紙(反省文?)
  • 産後ロビンの病室へ直接お花
  • 赤ちゃんを寝かせるキャリー
  • サイモン宅の鍵
  • サイモンとロビンがゴードの悪口を言っている会話の盗聴音源
  • 自宅内の盗撮映像
  • ○○○○?

 

赤字で書いたギフトがポイントという感じ。

ひとつひとつ振り返りつつ私のツブヤキもどうぞ(笑)

 

ポイント①招かれた家

youtube.com
映画「ザ・ギフト」予告編より

小バカにしながら向かったゴード宅は、彼等が想像していなかったレベルの大豪邸だった(笑)サイモンてば「住所間違えてないよな?」なんて言ってたっけ……

この時のギフトは「地獄の黙示録」のCD。はて、どんな意味があるのやら?

 

細かいことは割愛しますが、結局この日はサイモンが一方的にお開きにしてしまい、ゴードに強く言い夕食も拒否して帰宅。

 

すると事件が起きるのです。

ロビンがいつものようにジョギングして帰宅したら、ゴードが池に入れてくれていた鯉が全滅!しかも飼い犬までも行方不明に!

 

 

パー子
パー子

サイモンの家って防犯カメラないのかな?

 

決定的な証拠はないけどサイモンは「ゴードの仕業だ!」と憤慨。
車を走らせゴード宅に乗り込むのです。

だけど出て来たのはゴードじゃなくて知らない夫婦。はて?

 

 

結果、ゴードの家じゃなかった( ゚Д゚)!ナンデストッ!

 

えっ!?じゃあ誰の家?ってなるのがお決まりの流れなんですが、サイモン達がゴードに招かれて行った時ここの家主は海外旅行中で留守だったようなんですよ。

ここの家主は多数所有している高級車をリースしていて、そのお客がゴードだったらしい。車庫に自由に出入りできることを悪用して家にも入り込んだのでは?というのが警察の見解でした。

 

 

めちゃ怖っ!

この行動でゴードの信用失墜ですよね。
一気に【親切なギフトお届けオジサン】から【危険な男】に転落した瞬間。

 

ポイント②ゴードからの手紙

行方不明だった飼い犬も無事に戻り、ホッとしていた時にゴードから手紙が届いていました。

内容を超絶簡単に言うと「ごめんなさい。2度と連絡は取りません。」と一見謝罪のお手紙だったんですが、最後に気になることが書かれていました。

✍あれからずっと過去のことは水に流そうと思っている。悪意はなかった。

ロビンはサイモンにどういう意味か問いますが、サイモンも知らないと口をへの字にしちゃってました。

でもロビンはこの「過去のこと」が気になって頭から離れず、過去を知ろうと行動を起こしました。

 

パー子
パー子

ここでサイモンの言葉を真に受けず、行動を起こし得た情報ってロビンには重大なはず。このロビンの行動で夫婦の未来が変わりましたね。

ポイント③盗撮された映像の中に

ロビンが無事に赤ちゃんを産んだ後、一旦家に戻ったサイモンは玄関に置かれているギフトに気がつき開封しました。赤ちゃんを乗せるキャリーかな?この中に番号のついた小さな箱が3つ入っていました。

順に開封するサイモンの心が徐々に揺さぶられます。直感的に何か感じたんだと思います。
そして3つ目の箱に入っていたDVDを観ながら嫌な予感を的中させたはず。

このDVDは自宅内の2人を外から盗撮した動画が入っていました。
眠るロビンの姿もありました。

本編を観ていた人ならピンと来る、あのロビンの気絶から翌朝起床の場面。

このロビンがぶっ倒れた瞬間も撮影されており、侵入しロビンを暴行したのでは?と思わせる流れが入っていました。

また「ストレンジ・アフェア」を思い出しました(笑)寝ている(寝かされている)間のアレです。

 

もしかしてゴードからの最大のギフトは、ロビンが産んだ子かもしれない!

 

サイモンが冷や汗かいたのは言うまでもありまへん。

赤ちゃんの目を見れば誰の子か分かるってゴードに言われてましたが、サイモンは見て分かったんでしょうか。

そしてあの思わせぶりなDVDはロビンに見せるのか。子どもの父親についての疑惑をロビンに話すのか。どんな行動を取るんでしょうか。

病院で愕然とするサイモンの姿でエンディングになっているので、その後の様子は知ることは出来ません。

それを想像するのも深みを増し増しにする楽しみ方かもしれませんね。

 

 

\ 2週間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。
\ 31日間無料トライアルあり /
記事作成時の配信情報のため変更になっている場合がございます。

※サイトで配信作品の有無やスケジュールを必ずご確認ください。

 

 

キーパーソンはサイモン

【注意】
ここからはジェイソン・ベイトマンを軽薄呼ばわりしてるので、お好きな人は不愉快になるかもしれません。すみません。

 

ゴードにばかり着目しがちですが、何気にこの話しのキーパーソンはサイモンですよ。過去も現在も未来も彼次第だったということです。

 

最初、観始めた時からジェイソン・ベイトマンが演じていて「おや?」と思ってしまったんですよ(笑)

なんと言うか酷い思い込みの話しなんですが、ジェイソン・ベイトマンってなんか軽薄な感じしません(笑)?

 

軽薄とは態度に重みや慎重さがなく、軽々しいさま。あさはかで、うわすべりしているさま。うわすべりって……(笑)

 

彼を知った風な口調で言ったところで、ハッとして慌てて彼の出演作チェック。
ほぉ~ほぉ~確実に観たと言えるのは「宇宙人ポール」「モンスター上司」「ハンコック」……あれ、まだあるぞ。次々出て来るわ(笑)

 

 

と意外にも観ていたことがたった今判明したんですが、作品の内容よりも「軽薄」イメージが何故か私の中で定着してて。これは拭えないのです!

 

で、この「ザ・ギフト」ですよ。

出て来た途端にやっぱり軽薄面でなんか自分勝手そうなニオイがプンプン。成功者なんだろうけど、ロビンに対しても温もりを感じないし、なんだかなぁ~と。

生徒会長時代のエピソードも、見方を変えたら悪い印象にもなりますよね。

 

案の定ゴードに対する発言とか大人げないし、冷蔵庫のホワイトボードにわざわざ「不気味なゴード」と書いておいたり、小さいんです器が。
しかもこのホワイトボードの「不気味なゴード」(高校時代のあだ名)を本人が見ちゃうという気まずい展開!

 

まぁ確かに自分の不在時ばかりに来るゴードにいい思いをしないのも分かるし、過去にトラブルがあったら尚更それをロビンに知られたくないだろうし離れてくれって思うんだろうけど。

 

結局のところゴードが変わり者だったことは捨てきれないとしても、サイモンは大嘘つきで、昔ついたとんでもない性的な嘘でゴードの人生をメチャメチャにしてたことが発覚!

 

これはゴードからの手紙に書かれていた「過去のことは水に流そうと」にモヤついたロビンが調べた結果分かったことでした。

一度ついたイメージって仮に嘘であっても真っ新に戻すことはできない。

これは日々リアルな事件や芸能ニュースでも感じることですよね。良いイメージは積み重ねが必要だけど、悪いイメージってたったひとつあるだけでそれが全てみたいになりますもん。そりゃサイモンを忘れず恨むのは分かるわ。

 

ロビンがこの件に決着(和解)をつけてくれと頼み、ゴードに謝罪に行ったサイモンですが、謝罪どころか逆上して暴行。ゴードの苦しみは微塵も分からないご様子。

もちろんロビンへも嘘の報告をします。嘘つきは治りません。

 

「ゴードの人生を破綻させたのは自分のせいじゃない!いつまでも人のせいにするな!俺は自分の努力で成功した!」と言い張るサイモンに心底ウンザリ。おまけにブーメラン発言でした。

 

同じことを職場でも

ある夜、友人を集めてディナーを楽しんでいたサイモンとロビン。

仕事仲間でもある友人の推薦もあって、望むポストにつけることが決まったサイモンはスピーチをしていました。

すると激しい音と共に窓が割れ皆驚いて外に飛び出しました。

サイモンがゴードに表向き謝罪の暴行をした後だったんで、ゴードがやり返しに来たのかなぁ?と思ったけど全然違いました。

 

窓を割ったのはダニー・マクドナルドでした。
この名前、サイモンがライバルの名前を聞いた時にメモっていましたよね。

ダニーの涙の絶叫によるとサイモンに職を奪われたそう。

サイモンは望むポストにつくために、ライバルと言われたダニー・マクドナルドを陥れる嘘の内部情報をでっち上げていたことが分かりました。

 

昔ゴードにした【嘘で陥れる】という卑劣な行動を、大人になった今もやっていました。

「自分の努力で成功した!」とはよく言えたもんです。

彼が成功できたのは【卑劣な嘘】と【友人に対する裏切り】を平気でやって来たからでしょうよ!もしかしたら昔から毎度そうだったのかもしれませんよね。

 

この騒ぎを見ていたロビンは「もうアカンわ、この人。」と思っただろうなぁ。ショックを受ける間もなく産気づいてそのまま出産したんですが、彼女なりに考えた結果はすぐに出ました。

 

ロビンの決断

 

静かに「別れ」を決めたロビン、強い女性だし彼女の選択が清々しかった!

子どもの存在って価値観にかなり影響しますもんね。

今までのこだわりがツマラナイことに感じたり、大事だったことの優先順位も変わり、大胆な行動を取ることも、守りに徹することもできる母のパワー!これはやっぱ女性特有なのかなって。

 

過去を追及しても話さなかったサイモンは夫として信頼できるのか。
マジで忘れていたんだとしたら人として1人の大人としてどうか。
加害者であることを認め、謝罪できないのはどうか。
現在進行形でまだ平気で人を陥れる男が父親としてどうか。

こんなことを1人の女性として、母親として妻として考えさせられるような作品でした。

胸糞の悪さの中に清々しさ

胸糞は悪いんですが、何故か清々しさもある不思議~な結末。

 

やっぱり人を弄ぶことはやめよう。
傷つけたらちゃんと謝ろう。
同じことを繰り返さないようにしよう。

 

と、小学生の感想文みたいになってしまいましたとさ。

 

 

みんなのクチコミ(感想・評価)

「ザ・ギフト」を観た人達の感想をTwitterで探してみました。

 

 

 

 

 

 

 

\「ザ・ギフト」はhuluU-NEXTで配信中/

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました