PR

【ネタバレ結末・感想】「レディ・マクベス 17歳の欲望」脱ぎっぷり良し!フローレンス・ピューの欲望爆発

17歳のキャサリンが開花されて残虐モンスターに!

今回ご紹介するのは、2016年イギリスの人間ドラマ「レディ・マクベス 17歳の欲望」(原題:Lady Macbeth)。

ネタバレ【内容振り返り】【結末】【感想】をまとめています。
パー子
パー子

マジ!?これがフローレンス・ピューの映画初主演作だって!

 

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

スポンサーリンク

あらすじ

19世紀後半の英国。17歳のキャサリンは裕福な商家に嫁ぐが、年の離れた夫は彼女に興味がなく、肉体関係すら持たなかった。意地悪な姑から外出を禁じられ、屋敷で退屈な生活を送っていたキャサリンは、夫の留守中に若い使用人に誘惑され不倫関係となり…。U-NEXTより引用

予告動画

 

登場人物・キャスト

ブログ見出し下画像

キャサリン

✅演:フローレンス・ピュー

【出演作】「長ぐつをはいたネコと9つの命」「聖なる証」「ドント・ウォーリー・ダーリン」「ブラック・ウィドウ」「ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語」「ミッドサマー」など

 

 

アレクサンダー

✅演:ポール・ヒルトン

【出演作】「ワザリング・ハイツ 嵐が丘」など

 

 

セバスチャン

✅演:コズモ・ジャービス

【出演作】「説得」「キラー・サスペクト」など

 

 

アナ

✅演:ナオミ・アッキー

【出演作】「スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け」など

 

 

テディ

✅演:アントン・パーマー

 

 

アグネス

✅演:ゴルダ・ロシューヴェル

 

 

【ネタバレ】感想・内容振り返り

ブログ見出し下画像

 

フローレンス・ピューのブレイク前の作品と言えども、やっぱり演技力の高さはズバ抜けている気がしました。

無駄なBGMのない作品でも、退屈させない異様な存在感なんですよね。

体格が良くて、か弱さや可憐さは微塵も感じないけど(すみません)、心身共にたくまし過ぎて何をしでかすか分からない緊張感が常にありましたね。

 

彼女が演じるキャラクターが「素」なのではないかと錯覚するくらい、肩の力を抜いたラフさを感じるのも、フローレンス・ピューの演技の特徴であり凄さかもしれません。

 

内容の詳細は下記にまとめますが、簡単に言ってしまうと【自分勝手な欲望を愛と勘違いし理性を失った17歳女性の末路】という感じ。

もちろん彼女を取り巻く環境のせいでもあるし、悲劇的っちゃ悲劇的かもしれません。

でも一線を越えることにも迷いもためらいもなく、正しいと思い込んで立ち止まりもしないあたり、何が悪くて間違っていたのかと、なかなか気づけないタイプかもしれません。

 

退屈な結婚生活

私はバカなんで(笑)この商家に嫁ぐことになった経緯や、17歳のキャサリンの背景なども知りたかったのが本音。

時代が時代だし、本人たちの純粋な意思で結婚してないのは分かる。

言われるがままに嫁ぐキャサリンと同じく、40歳の夫アレクサンダーもかなり嫌々な感じ。

17歳のキャサリンには、この気難しい夫との時間は苦痛でしかないだろうなぁ。

普通なら「若い娘だ~!」って鼻の下伸ばしてウハウハになりそうだけど、なんでこんなに興味を持たず突き放すのか。

 

笑顔のない義父に「外に出るなー。」「早く役目を果たせー。」と嫌味をネチネチ言われる日々。

使用人の女性たちとの会話もほぼ無く、心開ける相手がいないキャサリン。

でも彼女は挫けません。

若干反抗的な態度で義父たちを逆撫ですることも慣れっこ。

 

冒頭ではおどおどしていたけれど、日々メンタルを鍛え上げているのか強さがみなぎっておりました。

決して好印象ではなく図太さを感じる方の(笑)

 

 

彼女がほとんどの時間を過ごす屋敷では、誰かの楽しそうな会話や笑い声もありません。

コルセットで体をきつく締め付けられ、彼女の全てを否定してくる大人たちに抑圧され、ただただ窓辺で外を眺めているだけの毎日。

 

静かで穏やかにも感じるけど、無限に続くかもしれないと思うと急に寒気がする。

マジで病気になりそうな陰気クサイ暮らしに、観てるこちらも憂鬱な気分になります。

 

 

妻に触れないアレクサンダー

義父からは後継者を産むことばかり急かされるけど、肝心な夫アレクサンダーはキャサリンに触れようともしません。

なんなら近づきもしないし、普通にコミュニケーションなんぞありません。

 

そして気持ち悪いことに、夜になると壁に向かってキャサリンを立たせ服を脱げと命令して来ます。

キャサリンは言われた通り壁に向かって全裸に。

アレクサンダーの様子を伺おうとすると、それすらも怒られます。

 

耳を澄ませてみると、アレクサンダーがひたすら1人で処理する音や吐息が聞こえて来るという奇妙な時間。

 

それが澄むとさっさとフェードアウトして放置。

 

パー子
パー子

謎すぎるッ!

 

キャサリン的には本人に聞けやしないけど、「きっと不能なんだわ。」と思っていたみたい。

 

果たしてこのアレクサンダーの行動に理由があるのか!?

そこがやけに引っかかりました。

 

ホントは愛している人が別にいた?
「勝手な推測:キャサリンに触れなかったワケ」はコチラ

 

 

馬の世話係セバスチャンとの出会い

ある日自室にいたキャサリンは、外から騒がしい声が聞こえて来て、馬小屋の方へ行きます。

すると使用人のアナが馬の世話係の若い男たちに裸にされ虐められていました。

その様子を見たキャサリンは、戸惑いながらも強い姿勢で怒ります。

雇い主の妻に見つかり動揺する仲間とは違い、「計量してただけですよ~。」と軽いノリで話しかけて来たのがセバスチャンでした。

 

この後に屋敷内でキャサリンは傷ついたアナを呼び止めるんですが、男の名前を聞くだけで慰めなんてありません。

何か言いたそうなアナに「他に何か?」と、きつく言い残していく様子に凄い違和感がありました。

思いやりが欠如してるというか、子どもっぽいな~と。

普段アナに監視されてて鬱陶しいのは分かるんだけどさ。

 

で、この話し普通ならここで終わるものの、退屈すぎるキャサリンは、何やらセバスチャンに興味を持ったご様子。

彼の仕事っぷりを監視するのではなく、自ら彼の目につくよう禁じられた散歩に出かけてみたり……。

するとそれに答えるかのように、夫が長期不在の夜にセバスチャンが寝室に強引に入って来て誘惑されます。

最初こそ拒否ってたキャサリンですが、キスされた瞬間動物スイッチが入り、大人の大乱闘が始まります(笑)

 

そこから毎日が激変。

使用人たちにとんでもないことをしていたセバスチャンと恋仲になり、暇しかないからいつでもどこでも状態(笑)

アナにしっかり監視されてるんだけどね。

 

17歳のキャサリンがそれまで抑圧していた欲望(欲求)を解放したかのように、激しくその時間を楽しんでいて、表情も挑戦的で更に奔放な雰囲気になります。

 

頭の中はお花畑ですっかり無双状態ですが、そんな状態が続かないのも”あるある”ですよね。

 

 

キャサリン怪物化への道のり

セバスチャンと欲望のままに過ごしていくうちに、キャサリンが徐々に暴走を始めます。

セバスチャンとの恋を邪魔する奴は目の前から消す!と言わんばかりに、静かにジリジリと周りの人間に手をかけていきます。

それを「怪物化への道のり」と題して、ひとつひとつ振り返っていきますね。

 

使用人アナを追い詰める

最初からややキャサリンに対して当たりが強いアナ。

彼女はワガママなキャサリンの世話だけじゃなく、義父に言われて監視する係でもあります。

口数は少ないけど意思は強く、大人の言いつけを守らず散歩に出かけるキャサリンに対し、怒りと呆れが態度に出る場面も。

増してや自分を傷つけたセバスチャンと恋仲になったキャサリンに嫌悪感も持ってるはず。

キャサリンが自由にすればするほど、義父に厳しく叱責されてたのでは?と想像も容易にできますね。

 

義父が久しぶりに屋敷に戻った時の夕食時、義父お気に入りのフルーリーのワインを出せと言われたんですが、キャサリンが飲み干していて残っていなかったんです。

多分これはキャサリンが悪意を持ってやったことで、義父におびえながらワインを切らしていることをアナが報告する様子をニヤニヤしながら見ています。

アナは「キャサリンが飲んだ。」と言うことができず、義父に「お前が飲んだんだろ!」と疑われる始末。

そして「獣には獣の扱いをする。」と言い出し、その場で四つん這いになって部屋から出て行けと怒鳴られてしまいます。

 

パー子
パー子

てっきり後ろからお尻叩かれると思ってヒヤヒヤしたわ!

キャサリンの意地の悪さはすでに知ってたけど、この場面にドン引きしました。

 

 

義父とのバトル

多分アナの監視報告で(?)義父に自分の不貞を知られ、セバスチャンは幽閉されてしまいます。

一族の名誉が汚される!妻の役目を果たせ!正当な後継者を産め!と大激怒。

 

「あんたの息子はどこやねん!いないと妊娠できへんやろ!」

とキャサリンも言い返したら義父からビンタをお見舞いされてしまいます。

 

 

 

セバスチャンを解放する気が無い義父と喧嘩になるも、諦めないキャサリンは義父に仕返しをします。

へそを曲げて部屋に閉じこもって食事をする義父を、毒キノコで殺害

義父が苦しみドアを叩く音を聞きながら、紅茶を飲むキャサリン。

アナが助けに行こうとするのも引き止め、息絶えるのを待ちます。

とんでもないことをしてしまったと後悔する様子もなく、やたら冷静で恐ろしいったらありゃしない。

 

義父の死に苦しんだのはアナ。

あまりのショックで失語症になってしまいます。

 

 

突然帰って来たアレクサンダー

義父の葬儀にも戻って来なかった夫アレクサンダーが、ある晩突然帰って来ました。

寝ていたセバスチャンを起こして隠れさせ、ひとりで起きていたように装うキャサリン。

一見穏やかな喋り口調のアレクサンダーがズバリ言います。

 

「私がいない間に娼婦になったのか?バレないと思ったのか?態度を改めるべきだ。」

何を思ったのかプッツンしたキャサリンは、隠れていたセバスチャンをベッドに寝かせその上にまたがり、アレクサンダーに当てつけのように見せつけます。

ここで触発されたアレクサンダーが、「僕も仲間に入れて~!」と3人で楽しむことにもならず、案の定殴り合いに。

 

結果的にはキャサリンがアレクサンダーを撲殺

 

セバスチャンは森にアレクサンダーの遺体を埋め、キャサリンはアレクサンダーの馬を銃殺し気持ち程度に土を被せます。

 

 

アレクサンダーの息子テディ

不能だと勝手に思っていたアレクサンダーには、実は息子テディがいました。

アレクサンダーが亡くなったことで、アグネスという女性がテディを連れて屋敷にやって来ました。

アグネスの娘(すでに死亡)とアレクサンダーの間に授かった男の子テディは、正式な書類を揃えた被後見人。

悠々自適な暮らしを脅かされるため、可愛らしいテディが邪魔な存在に。

 

そこでキャサリンは、眠っていたテディに枕を押さえつけ窒息死させます。

 

キャサリンの裏切り

キャサリンがテディを殺害した時、現場で手伝っていたセバスチャン。

部屋で冷静に警察や医者の対応をするキャサリンとは対照的に、外では土の上に泣き崩れるセバスチャン。

キャサリンに反抗するもその都度うまく丸め込まれていた彼は、アレクサンダー殺害以降精神的に追い詰められていました。

 

さすがに罪の意識に駆られ、キャサリンたちがいる部屋に駆け込んで言いました。

 

「彼女はテディや旦那、義父を殺した。彼女は俺を追い詰め服従させた。絶対に手放さない。まるで病気だ。」

 

これで疑いの目がキャサリンに向けられるかと思いきや、身分のないセバスチャンの証言は一切聞き入れてもらえず、逆にキャサリンに嘘だと主張され裏切られます。

挙句の果てには、アナとセバスチャンが共謀したと嘘をでっち上げられました。

アグネスはキャサリンの発言を信じ、ケダモノを見るかのような目でセバスチャンを睨みます。

 

アナは身に覚えのない罪を押しつけられ、絶望的な表情で目を閉じます。

使用人としての立場や失語症だという状況から弁解することもできず、全てを諦めた瞬間を見せられた気がしました。

 

【ネタバレ】結末はひとりぼっち

ブログ見出し下画像

 

愛するセバスチャンも、世話をしてくれていたアナもいなくなり、アグネスも屋敷を去りました。

セバスチャンを愛したことで、全てを見失って自分勝手で悪質な行いを続けた結果なんで、仮に後悔しても今後苦しんでも自業自得

 

そう言えば、キャサリンって妊娠してますよね?

テディが現れた頃に、鏡に映る自分の姿を見てお腹に手を当てる場面がありました。

その後もお腹を意識しているような動きはあったものの、セバスチャンにも伝えることなくエンディングとなりました。

 

印象に残っているのは何度かあった「ソファに座って前を見据える場面」

ラストのキャサリンの表情には、一体どんな意味があったんだろう。

思い描いていた通りの結果にならなかった敗北感?

セバスチャンを失った喪失感?

少しは目が覚めたんでしょうか。

きっと後悔や反省なんて1ミリもしてないんだろうな(笑)

 

アレクサンダーがキャサリンに触れなかったワケ

若きキャサリンと結婚したアレクサンダーは、最初から最後までキャサリンに触れることはありませんでした。

義父に買い取られたキャサリンが、仕方なくアレクサンダーと結婚したように、アレクサンダーも父親の言いなりで仕方なくキャサリンと結婚したんだろうなぁ。

きっと子どもを産ませるために、若くて健康なキャサリンを当てがったんでしょうね。

 

アレクサンダーが真剣に愛していたのはテディとその母親(アグネスの娘)だったんだろうけど、家柄や人種などあらゆることを問題(理由)にして、義父がアレクサンダーの気持ちを無下にしたのかもしれないと勝手に思った次第。

 

 

みんなの評価、クチコミは?

ブログ見出し下画像

 

 

 

最後に

「レディ・マクベス 17歳の欲望」は非常に難しい役柄であっても、ブレイク前のフローレンス・ピューが見事に演じ上げたことによって、彼女が随分前から怪物だと分かりました(笑)

振り幅の広いキャラクターを見事に演じ上げるには、ある程度の人生経験がないと難しいのでは?と思うのですが、若きフローレンス・ピューがやってのけたんですもんね。

これからも楽しみな女優さんの1人なので、ぜひチェックしてみてくださいね。

 

 

【おまけ】天真爛漫なフローレンス・ピューをどうぞ!

 

パー子
パー子

サムネ通り、ガツガツ食べがカワイイ(笑)親しみわいちゃう!

 

 

パー子
パー子

2人揃ってハスキーボイス♡同性から支持されるのが分かるわ。

 

広告
日テレドラマ
Hulu | Disney+ セットプラン
本ページの情報は記事執筆時点のものです。最新の配信状況はHuluサイトにてご確認ください。

 

 

 


Huluについて


実話ベースや大人向け作品まとめ


映画感想(あ~わ)


人気ドラマ


コメント